当然ですが超絶競馬理論!でも一般的に、強い馬が勝つということで、競走馬の実力を強く反映させます。

その実力を量る要素として、レース時のタイム、コース適性、距離適性、騎手との相性、過去の実績、そして血統などがあります。

その中でも有名なものは、1975年にアンドリュー・ベイヤーによって提唱された“スピード指数”です。これは、馬の実力を数値化して表したもので、無料で公開されていました。

日本においては、西田和彦氏によって提唱された“西田式スピード指数”が広く知れ渡っています。

しかし、このスピード理論は原則としてレースの走破タイムを元に算出するため、様々な問題点も指摘されています。

超絶競馬理論!では独自に改良を加えています。

また、競馬予想はこの他にも、様々な理論が存在します。

サイン理論、データ理論、指数理論、騎手理論、調教理論、パドック理論、人脈・関係者理論、競馬場状態理論、レース展開理論、オッズ理論、血統理論・・・

この中でも、人脈・関係者理論は、馬主、調教師、調教助手、厩務員、騎手、各競馬専門誌・スポーツ誌のトラックマンなど、競馬関係者からの生の声を活かした情報です。

超絶競馬理論!では、この人脈・関係者理論も採用しています。

元競馬関係者の方とのパイプを生かし、精度の高い競馬予想と競馬情報を公開してまいります。

超絶競馬理論!は軸馬選定を“スピード指数・人脈・関係者理論”によって決定します。
それをオッズ理論に照らし合わせていきます。

そうする事により驚くような的中率・回収率をあげていく事になりました。

[←戻る]